西洋風の住宅の人気|生活の質が高まる注文住宅で快適な暮らしを始めよう

生活の質が高まる注文住宅で快適な暮らしを始めよう

インテリア

西洋風の住宅の人気

家

デザインも建材も

横浜には港があり、ここには江戸時代の末期頃から、異国からの渡来船が多くやってくるようになりました。そのため横浜は、異国の文化を取り入れながら急激に発展していきました。建物も、明治時代になると西洋風のものが増えてきましたし、外観の美しさから、当時は話題となりました。その人気は現在でも残っていて、横浜では多くの人が、積極的に西洋風の注文住宅を建てています。注文住宅なら、外観も内装も西洋風にすることができるからです。さらに昨今では、西洋から輸入した建材を使った注文住宅も建てられるようになっています。北欧の森林から伐採された樹木や、地中海沿岸で採掘された大理石などで、これらを使用することで注文住宅は、本格的な洋館となるのです。

潮風の影響

横浜は、海に面していることから、建物が潮風の影響をやや受けやすくなっています。具体的には、建築に使われている木材が、潮風に含まれている水分を吸収して、柔らかくなることがあるのです。木材の接合部に使われている金属が、塩分で錆びることもあります。ところが、レンガや大理石などを外構に多く取り入れた西洋風の建物なら、潮風の影響を受けにくいと言えます。つまりその分、良い状態を長く保つことができるわけです。もともと日本の木造住宅と比較すると、西洋の住宅は長持ちしやすいと言われています。耐久年数は、後者の方が30年ほど長くなっているので、その点でも西洋の建材と技術とを使って建てる注文住宅は、注目を集めています。